ヒートショックプロテイン(HSP)のことならストレピア。肌悩みから生まれた「おすそ分け化粧品」

ビューティコラム

伊藤和子先生

伊藤和子先生
(美容皮膚科医)

タンパク質はストレスや加齢により機能変化が起こることで、組織を構成する細胞の老化につながることがわかっています。そのため、タンパク質がダメージを受けると、しみ、しわ、たるみ、皮膚トラブル等あらゆる肌悩みを引き起こす可能性が考えられます。早いうちからエイジングケアにおいてタンパク質を意識することが大切です。食事面ではタンパク質を多く含む肉、魚、大豆等を中心にバランスの良い食生活を心がけましょう。また、タンパク質にダメージを与える活性酸素を増やす作用のある紫外線やストレスを予防することも重要です。

front-page.php

お問い合わせ・ご相談